Login Form

Tweets of js4ee

#日本環境教育学会 学会誌「#環境教育」Vol.25 No.3(通巻61号)のJ-stageへの登載処理が完了し、10月19日よりオンライン公開されました。 26巻1〜3号も順次作業します。 #jstage https://t.co/EQ40kTIJxA
#日本環境教育学会 第9回 #環境教育 #教員セミナー ─アクティブな学びを進める教員のために─ を2017年12月9日(土曜日)10時〜16時に #東京学芸大学 (東京都小金井市)で開催します。事前申込必要 #アクティブラーニング https://t.co/TdZsGMXe9U
一般社団法人 #日本環境教育学会 では、#環境教育国際共同研究会・2017─2018年度メンバーを募集します。2019年刊行計画の学会誌の特別号「#アジアの環境教育」に向けての共同研究です。11月15日締切。奮ってご応募ください。 https://t.co/6dzJnWDwjE
#日本環境教育学会 環境教育情報として、#環境省 と #EcoLeaD(#環境人材育成コンソーシアム)が募集する「環境 人づくり企業大賞2017」(応募期間:9月21日〜11月24日)の情報を掲載しました。当学会も協力しています。 https://t.co/DCV9UiWb6u
#日本環境教育学会 旧サイトでは、#環境教育等促進法(平成15年法律第130号、最終改正平成23年法律第67号)について詳細な情報を掲載しています。↓ https://t.co/f1la9kJYG5 改正法の施行から5年が経過し、次の改正への動きに注目。 今後の動きは新サイト

訪問者数

1076381
Today619
Yesterday652
This_Week619
This_Month12717
All days1076381
Statistik created: 2017-11-20T15:53:48+09:00
TwitterFaceBookGoogle+
font size

第7回日本環境教育学会研究・実践奨励賞(2011年度) 受賞者の決定について

2012年2月7日
日本環境教育学会
奨励賞選考委員会
常任理事会

第7回日本環境教育学会研究・実践奨励賞の審査を下記のとおり実施した結果、受賞者3名が以下のように決定しましたのでお知らせいたします。

受付番号1.「食と農をめぐる環境教育の充実に向けた研究」杉本史生、近畿大学非常勤講師
受付番号2.「『遊び仕事』を取り入れた環境教育プログラムの開発」溝田浩二、宮城教育大学准教授
受付番号3.「東日本大震災における復興に向けた防災コミュニティ活動とESD」石山雄貴、東京農工大学大学院修士1年

1. 第一次審査の経過
応募された七点の研究・実践に対して、応募者の氏名・所属先・勤務先を公開せず理事全員(14名参加/5名不参加)による評価を行った結果、応募7点すべてが研究・実践としての一定の基準を満たしていると判断された。

2. 第二次審査の経過
1) 審査対象の選定
第一次審査の結果を踏まえ、第二次審査を行った。
2) 審査の手続き
(1) 再審査;対象の7点について第二次審査委員3名が個別に再度検討し、それぞれに判定を行った。
(2) 意見交換;7名の再審査の結果を第二次審査委員及び会長・事務局長(第一次審査に加わらず)が共有し意見交換した。
(3) 判定;第二次審査委員及び会長・事務局長の意見を集約し、判定をした。
3) 審査基準
審査は応募者の所属先・勤務先を審査員に公開せず実施した。第一次審査の結果・応募者の属性(年齢・所属等)・項目別評価(新規性・有用性・資金の必要性・応募者の意欲・姿勢)・総合評価(評点・意見)について、審査員がそれぞれ評価を行い、点数をつけ、それらを総合して判定をした。また、今年度は募集に際して、「特に東日本大震災の復興に関する研究・実践の応募を期待します」との告知を行った。

3  常任理事会の決定
第二次審査の判定をもとに常任理事会で議論した結果、受付番号1、2、3を選ぶことになった。

以上

Copyright © 2017 一般社団法人 日本環境教育学会 http://www.jsfee.jp. All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU General Public License.