Login Form

Tweets of js4ee

#日本環境教育学会 学会の常設研究会および特設研究会の概要のページを作成し、各研究会のタイトル、概要、代表者名、連絡先、設置期限を表示しました。 https://t.co/TaQVaLzloK
#日本環境教育学会 特設研究会「SDGsの教育」研究会 をアップしました。 ・学会『SDGsの教育』シリーズ本 原稿募集のお知らせ ・SDGs教育フォーラム@トヨタ白川郷自然學校 の2つの記事をアップしました。#SDGs https://t.co/gq6rIgmeg0
#日本環境教育学会 緊急プロジェクト「災害と環境教育」のワーキンググループを募集します。 迅速な対応が求められる研究テーマ、当面は単年度のプロジェクト。代表者は学会員が要件。 #jsfee #災害 #防災 #減災 #環境教育 https://t.co/hZ7tWuUJpc
#日本環境教育学会 第29回大会(東京)#jsfee29th_tokyo 25日の会員懇談会・懇親会で、来年の第30回大会の日程・場所の計画が公開されました。 日程は2019年8月23日(金)・24日(土)・25日(日)、主会場は山梨県北杜市の北杜市立甲陵高等学校で開催します。
#日本環境教育学会 第29回年次大会(東京) 大会も最終盤になりましたが、研究発表要旨集全体の修正版(30.7MB)をアップしました。 https://t.co/j0yddyk0PS 大会主会場のN棟2階・3階ではWifiが利用可能です。 #jsfee29th_tokyo

訪問者数

1249680
Today93
Yesterday792
This_Week3799
This_Month11314
All days1249680
Statistik created: 2018-09-23T12:38:18+00:00
TwitterFaceBookGoogle+
font size

第8回日本環境教育学会研究・実践奨励賞(2012年度)
受賞者の決定について

2012年9月26日
日本環境教育学会
常任理事会

第8回日本環境教育学会研究・実践奨励賞の審査を下記のとおり実施した結果、受賞者6名が以下のように決定しましたのでお知らせいたします。
氏名(所属)「発表のタイトル」(五十音順、敬称略) 

 熊谷佑美(甲南大学大学院)「初等教育における環境教育の展開 ―ジョン・デューイの教育理論から―」

 酒井佑輔(東京農工大学大学院)「『つながり・関わり』の食環境教育から『働くこと』の食環境教育への転換」

 中村和彦(東京大学大学院)「気候変動教育における過去25年間の映像記録を用いた植物季節変化の観察」

 三谷高史(一橋大学大学院)「環境教育実践と社会的文脈の関係分析試論 ─英国都市環境教育運動を対象として─」

 村上紗央里(同志社大学大学院)「環境未来世代を考える ─レイチェル・カーソン思想を起点として─」

 村松美由紀(東海大学大学院)「草花遊びの歴史と世代間における草花遊びの伝わり方」

 

 ※ お詫びとお知らせ;当初、当ページにおいて一部の受賞者の方の氏名を誤って表記してしまいました。また一部の発表タイトルを発表(要旨集採録)とは異なって表記しておりました。お詫びして訂正します。更に修正すべき点にお気づきの方は事務局までお知らせください。


 

<選考方法の変更及び選考の経過について>

 1) 『学会ニュースレター』第96号(2012.3.30)に「日本環境教育学会研究・実践奨励賞 選考方法の変更」について、「学会大会において優れた口頭発表を行った若手会員に授与すること(6件程度、各5万円)」を公示した。

 2) 第2012−01回(全国)理事会(2012.8.10)において、口頭発表に加えてポスター発表をも選考の対象とすることを決めた。学会事務局では会員の年齢を確認できないため、「学生会員」として登録されている者を対象とした。理事会で配布された「学生会員」報告者リストをもとに、大会期間中に全理事が3〜5票(1人に対しては1票まで)を優れた報告を選んで投票することとした。また、過去に受賞した者は対象としないことを確認した。

 3) 第2012-05回常任理事会(2012.9.26)において、理事による投票結果を踏まえて、上位6名を奨励賞受賞者とすることを決定した。

 4) 『環境教育ニュースレター』第99号(*)及び学会ウェブページにおいて、結果を公表した。

以上

* 注;掲載に間に合ったため、98号で発表した。

Copyright © 2018 一般社団法人 日本環境教育学会 http://www.jsfee.jp. All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU General Public License.