Login Form

Tweets of js4ee

#日本環境教育学会 学会誌「#環境教育」Vol.25 No.3(通巻61号)のJ-stageへの登載処理が完了し、10月19日よりオンライン公開されました。 26巻1〜3号も順次作業します。 #jstage https://t.co/EQ40kTIJxA
#日本環境教育学会 第9回 #環境教育 #教員セミナー ─アクティブな学びを進める教員のために─ を2017年12月9日(土曜日)10時〜16時に #東京学芸大学 (東京都小金井市)で開催します。事前申込必要 #アクティブラーニング https://t.co/TdZsGMXe9U
一般社団法人 #日本環境教育学会 では、#環境教育国際共同研究会・2017─2018年度メンバーを募集します。2019年刊行計画の学会誌の特別号「#アジアの環境教育」に向けての共同研究です。11月15日締切。奮ってご応募ください。 https://t.co/6dzJnWDwjE
#日本環境教育学会 環境教育情報として、#環境省 と #EcoLeaD(#環境人材育成コンソーシアム)が募集する「環境 人づくり企業大賞2017」(応募期間:9月21日〜11月24日)の情報を掲載しました。当学会も協力しています。 https://t.co/DCV9UiWb6u
#日本環境教育学会 旧サイトでは、#環境教育等促進法(平成15年法律第130号、最終改正平成23年法律第67号)について詳細な情報を掲載しています。↓ https://t.co/f1la9kJYG5 改正法の施行から5年が経過し、次の改正への動きに注目。 今後の動きは新サイト

訪問者数

1076379
Today617
Yesterday652
This_Week617
This_Month12715
All days1076379
Statistik created: 2017-11-20T15:53:48+09:00
TwitterFaceBookGoogle+
font size

第6回日本環境教育学会 研究・実践奨励賞(2010年度)受賞者の決定について

2011年2月16日
日本環境教育学会
奨励賞選考委員会

第6回日本環境教育学会研究・実践奨励賞の審査を下記のとおり実施した結果、受賞者2名が以下のように決定しましたのでお知らせいたします。

受付番号1 「自然環境調査を組み込んだ川の学習プログラムの開発」  安部尚子

受付番号2 「内発的ESD:伝統と現代性の交差路におけるダイナミクス」  岩佐礼子

1. 第一次審査結果
応募された二点の研究・実践に対して、応募者の氏名・所属先・勤務先を公開せず理事全員(16名参加/4名不参加)による評価を行った結果、応募二点ともに研究・実践としての一定の基準を満たしていると判断された。

2. 第二次審査の経過
1) 審査対象の選定
第一次審査の結果を踏まえ、応募二点に対して第二次審査を行った。
2) 審査の手続き
(1)審査;対象の4点について理事の中から3名の第二次審査委員が個別に再度検討し、それぞれに判定を行った。
(2)意見交換;3名の再審査の結果を3名が共有し意見を交換した。
(3)判定;3名の意見を集約し、判定をした。
3) 審査基準
審査は応募者の所属先・勤務先を審査員に公開せず実施した。第一次審査の結果・応募者の属性(年齢・所属等)・項目別評価(新規性・有用性・資金の必要性・応募者の意欲・姿勢)・総合評価(評点・意見)について、審査員がそれぞれ評価を行い、点数をつけ、それらを総合して判定をした。その結果、受付番号1は、環境調査を組み込んだ環境学習プログラムの開発は日本中の多くの所で求められており有用性は高いと評価された。受付番号2は、全体的に意欲的で、具体的なフィールドのイメージもあり、とくに社会関係資本論とESDを結びつける着眼点に新規性が読み取れると評価された。
これらの評価を踏まえ、受付番号1と受付番号2を第6回日本環境教育学会研究・実践奨励賞(2010年度)の受賞者として選ぶことになった。
以上

Copyright © 2017 一般社団法人 日本環境教育学会 http://www.jsfee.jp. All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU General Public License.