Login Form

Tweets of js4ee

一般社団法人 #日本環境教育学会 #岩手 大会 #エクスカーション 参加者追加募集 2017年9月4日(月)に実施するエクスカーションで参加者を追加募集。先着順に受け付けます。お早めにお申し込みください。 ↓参加者追加募集のPDF https://t.co/32W95ZWtLD
#一般社団法人日本環境教育学会 第29回大会(#岩手)の #プログラム を公開しました。 参加されるみなさま、1か月後、#盛岡 でお会いしましょう。 #jsfee #環境教育学会 #環境教育 #ESD #SDGs #災害 #復興 https://t.co/kLNIHUDU1J
#一般社団法人日本環境教育学会 #学会誌「#環境教育」Vol.25 No.2(通巻60号)が2017年7月26日からJ-stageでオンライン公開されました。 #jstage #openaccess #jsoee #JJEE https://t.co/bErrbWr6px
Japanese Journal of Environmental Education Vol.26 No.4, special issue of #EE in #Asia. #jsfee #jsoee Contents https://t.co/WTQ6VDyoce
Japanese Journal of Environmental Education Vol.26 No.4, special issue of #EE in #Asia is open-access. #jsfee https://t.co/ka1N2oPCGK

訪問者数

1019319
Today406
Yesterday621
This_Week4272
This_Month13018
All days1019319
Statistik created: 2017-08-20T15:50:34+09:00
TwitterFaceBookGoogle+
font size

日本環境教育学会 第27回大会(東京)―案内

The 27th Annual Meeting of
the Japanese Society of Environmental Education (Tokyo)

5th - 7th August 2016

Thank you for your participation.
See you next year at Iwate University (Morioka City)
 1st-3rd September 2017.

 

第27回大会(東京)は終了しました。
ご参加のみなさま、ありがとうございました。

次回、第28回大会は岩手大学(盛岡市)を主会場に
2017年9月1日(金曜日)・2日(土曜日)・3日(日曜日)
に開催予定です。

 

大会案内・プログラム
(PDFファイル 1.7MB)

 

Guide to the meeting (PDF 563KB)

English Session (PDF 262KB)

Regstration form (MS Word)

Application form for presentation (MS Word)

Summary form for presentation (MS Word) 

27th time table4


<開催概要>

 ■ 期間  2016年8月5日(金)~8月7日(日)
 ■ 会場  学習院大学(目白校地)西2号館・西1号館・北1号館・輔仁会館食堂
 ■ 主催  日本環境教育学会(第27回大会実行委員会)
 ■ 後援  文部科学省・環境省・経済産業省・国土交通省・農林水産省・豊島区教育委員会・
        全国小中学校環境教育研究会・(公社)日本環境教育フォーラム・東京都教育委員会(教員セミナーのみ)

<学習院大学へのアクセス>

 〒171‐8588 東京都豊島区目白1-5-1
 ・JR山手線「目白」駅下車 西門まで徒歩30秒 
 ・東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷」駅下車 徒歩7分 
 ・都電荒川線「学習院下」、「鬼子母神前」駅も利用可 
 (詳細は以下のサイトを参照してください。)
  http://www.univ.gakushuin.ac.jp/access.html

<申込>

 大学生協学会支援センターのページに大会参加登録フォームおよび研究発表登録フォームがあります。原則としてこちらからお申し込みください。

 大会参加申込登録フォーム
 https://www.form-navi.com/MailForm/ShowForm.aspx?fid=2015032401 (外部リンク)

  エクスカーション申込フォーム NEW!! 詳細は下部に掲載
 http://goo.gl/forms/LgEX5fJjL9dxOw9i2 (外部リンク)

  環境教育教員セミナー申込フォーム NEW!! 詳細は下部に掲載
 http://goo.gl/forms/tYWjmLyQyxjjOW873 (外部リンク)

 研究発表申込登録フォーム(※締め切りました。多くの方の申し込みをありがとうございました。)
 https://www.form-navi.com/MailForm/ShowForm.aspx?fid=2015033101 (外部リンク)

■各種申込書式ファイル
 環境教育メッセ Word形式(45KB) PDF形式(279KB) NEW!!
 「研究発表要旨集」広告掲載 Word形式(38KB) PDF形式(203KB) NEW!!
 発表要旨書式 Word形式(21KB) PDF形式(117KB)
 自主課題研究申込書 Word形式(126KB)(※締め切りました。多くの方の申し込みをありがとうございました。)

■参加登録と参加費のお支払について
 大会に参加される方は、事前に大会参加登録をしていただきます。大会申込用特設サイトにアクセスし、フォームに必要事項を入力・送信して下さい。また、ゆうちょ銀行振替用紙を用いて、大会参加費・懇親会参加費を振り込んでください。割引適用を希望される方は6月3日(金)までに参加申し込みを行い、6月17日(金)までにお振込みください。
 大会案内に同封のゆうちょ銀行振替用紙を紛失された方は、郵便局に備え付けのゆうちょ銀行振替用紙に、大会参加費・懇親会参加費の種別など必要事項を明記の上、以下のゆうちょ銀行口座宛にご送金ください。

<口座記号番号:00270-2-83948 口座名称:日本環境教育学会大会実行委員会>

参加費種別 種別 6月3日(金曜日)

までの参加申込、
6/17までに振込

6月4日(土曜日)

以降の参加申込、
7/18までに振込※

大会参加費 一般会員 5,000円 6,000円
学生会員 3,000円 4,000円
非会員 6,000円(当日払いのみ)
懇親会参加費 一般会員 4,000円 5,000円
学生会員 2,000円 3,000円
非会員 5,000円(当日払いのみ)

※2016年7月19日以降は振り込まず。当日窓口にてお申し込みください。

※大会参加費には発表要旨集が含まれます。参加費・懇親会費は原則としてお返しできません。当日参加されなかった事前申込者には、後日発表要旨集を送付させていただきます。

<大会参加者向けイベント>

【若手会員の集い「モチベーションアップ・ワークショップ」】 8月5日(金)16:00~18:00/北1号館3階308教室

【論文の書き方セミナー】 8月5日(金)18:00~20:00/北1号館3階308教室

【総会】 8月6日(土)16:15~18:45/西2号館201教室(会員に限ります)

【懇親会】 8月6日(土)(受付 18:30~)19:00~21:00/輔仁会館食堂
  ※会員諸氏からのお酒等の差し入れを大歓迎いたします。会場まで直接ご持参ください。
    また、できるだけ、箸・コップ・皿をお持ちください。少しでも地球に負担をかけない懇親会にしましょう。

【プロジェクト研究】 8月7 日(日)14:00~16:00 /西1号館
  ○学校環境教育パッケージ開発プロジェクト<309教室>
  ○地域環境教育活性化プロジェクト<308教室>
  ○原発事故後の福島を考えるプロジェクト<307教室>

【特集号「アジアの環境教育」ミーティング】 8月7日(日)9:00~11:50、14:10~15:00/西1号館210教室
 学会誌「環境教育」の臨時増刊として、特集号「アジアの環境教育」(Webのみで公開)を刊行し、英語を共通言語としてアジア各国及び地域内の環境教育研究及び実践報告を共有する予定です。そこで、2017年3月発行予定の特集号に向けて、各学会の執筆者による報告を受け、共通課題や展望の抽出を行います。(すべてを英語によって進行します)

【国際交流会】 8月7日(日)12:00~12:50/西1号館210教室
 本学会は、韓国環境教育学会、台湾環境教育学会、北米環境教育学会、オーストラリア環境教育学会の各学会との交流協定を結んでいます。今大会では「国際交流会」を設け、各学会の最近の取り組みを紹介し、これら協定学会や他国からの参加者との交流を行います。(簡単な逐次通訳あり)(昼食は持ち寄り、お茶やお菓子は準備いたします)
 NEW!! ※チラシはこちら (←クリックしてダウンロード、PDFファイル 281KB)

【エクスカーション】 NEW!! 8月5日(金) ※時間・場所はコースにより異なります
 申し込み先: http://goo.gl/forms/LgEX5fJjL9dxOw9i2 (外部リンク)

Aコース(担当:元木理寿) 東京の都市型環境施設とウォーターフロント
 日時: 2016年8月5日(金) 13時30分~16時00分
 集合場所: 台東区立ふれあい館ひまわり 玄関入り口
 定員: 20名(先着順,最少催行人数5名)
 締め切り: 8月4日(木)20時
 コース詳細は こちら (←クリックしてPDFファイルをダウンロード)

Bコース(担当:萩原豪)ESDの視点から考える下町の観光まちづくり―歴史と文化、開発と保全:上野・根岸から谷根千をめぐる―
 日時: 2016年8月5日(金) 11時00分~16時30分
 集合場所: 京成上野駅改札前
 定員: 20名(先着順,最少催行人数5名)※海外ゲストからの参加希望者を除く
 締め切り: 8月4日(木)20時
 コース詳細は こちら(←クリックしてPDFファイルをダウンロード)

Cコース(担当:三田秀雄)都市における環境教育と市民団体との関わりについて-善福寺川を里川にカエル会の活動を通して-
 日時: 2016年8月5日(金) 14時00分~16時00分
 集合場所: 東京都立善福寺公園 ボート乗り場周辺
 定員: 20名(先着順)
 締め切り: 8月4日(木)20時
 コース詳細は こちら(←クリックしてPDFファイルをダウンロード)

 

<一般公開イベント> ※会員以外の方も参加できます
 

【大会企画・公開シンポジウム】 8月6日(土)14:00~16:00/西2号館201教室/参加無料
 大会企画として、公開シンポジウム「環境教育が切り拓く持続可能な社会づくりとアクティブ・ラーニング」を開催いたします。

基調講演:『持続可能な社会のためのアクティブ・ラーニング』 佐藤 学 氏(学習院大学)
 「持続可能性の教育」は、「科学(science)」と「智恵(wisdom)」と「生き方(a way of living)」と「倫理(ethics)」を結びつける教育で、「持続可能性の教育」がアクティブ・ラーニングを内在的に要請している根拠はここにある。しかし、アクティブな学びになることによって、あるいは体験的な学びになることによって学びが表層的で限定的になる傾向はないだろうか。アクティブ・ラーニングを「深い学び」(deep learning)として実践することは決して容易なことではない。持続可能性の教育においては尚更である。この講演では、持続可能性の学びが「深い学び」として結実するための要件を提示したい。

佐藤 学(学習院大学):東京大学大学院教授を経て学習院大学文学部教育学科教授。「学びの共同体」を主宰。日本教育学会元会長、全米教育アカデミー終身会員。『学びの快楽』『学校改革の哲学』『学校を改革する』『教師花伝書』『専門家として教師を育てる』など、著書多数。

パネルディスカッション

《パネラー》

佐藤 学

多田 孝志:海外の日本人学校教師を経て、現在、金沢学院大学教授。日本学校教育学会前会長、日本国際理解教育学会元会長。主な著書『対話力を育てる』『光の中の子どもたち』『「地球時代」の授業とは?』など。

小川 かほる:千葉県立中央博物館、千葉県環境研究センターの研究員などを歴任。元日本水環境学会関東支部長、日本水環境学会事務局長、日本環境教育学会監事。

諏訪 哲郎:学習院大学文学部教育学科教授。日本環境教育学会会長、日中韓環境教育協力会代表。主な編著書『加速化するアジアの教育改革』『アクティブ・ラーニングと環境教育』

【環境教育教員セミナー】『アクティブ・ラーニングと環境教育・ESD』 NEW!! 8月6日(土)

 申し込み先: http://goo.gl/forms/tYWjmLyQyxjjOW873 (外部リンク)

日  時: 2016年8月6日(土)10時~13時
会  場: 学習院大学 目白校地 北1号館3階
対  象: 日本環境教育学会会員・環境教育に関心のある教員など一般、100名
申  込: 事前申込にご協力ください  ※定員に達していない場合は当日参加も可
資料代: 1,500円 
      ※資料として2016年6月に発刊した
        「アクティブ・ラーニングと環境教育」(日本環境教育学会編/小学館発行)をお渡しします。
      ※資料代は当日お支払いください。(受付9:30~)
主  催:日本環境教育学会
後  援:文部科学省・環境省・経済産業省・国土交通省・農林水産省・東京都教育委員会・
      豊島区教育委員会・全国小中学校環境教育研究会・(公社)日本環境教育フォーラム

10:00-10:45 基調講演
 『アクティブ・ラーニングと環境教育・ESD~学習指導要領の改訂を見据えて』 
 講師:日本環境教育学会 諏訪哲郎 会長
  2020年度から小中高校で順次導入される新学習指導要領の柱となるアクティブ・ラーニングにおける環境教育・ESDの可能性について考えます。

(それぞれの分科会の紹介、会場に移動)

11:00-13:00 分科会 『アクティブ・ラーニングを体験』
 希望する分科会に分かれて、「アクティブ・ラーニングと環境教育(日本環境教育学会編)」を資料として、記載されたプログラムなどを実際に体験します。
①学校から環境を考えよう/ 講師 丸谷聡子(明石のはらくらぶ)
②地域の環境を考えよう/ 講師 高田研(都留文科大学)、西村仁志(広島修道大学)
③世界を見直して環境を考えよう/ 講師 栗原清(学習院初等科)

【環境教育メッセ】 8月6・7日(土・日)9:00~16:00/西2号館1階ロビー
 一般公開プログラムとして、大会期間中、メッセ会場にて「環境教育メッセ(環境教育見本市)」を開催いたします。環境教育に関する商品や資料の提示、販売のほか、各団体・企業の取り組みを紹介していただきます。

■環境教育メッセ出展団体を募集します■
 環境教育に関する商品の販売やPR、活動実績の報告や発表、展示などスペース内で自由に展開できます。教材制作会社、環境教育活動の事業者、NGO・NPO、大学研究室などの皆様にご出展いただけます。大会参加者とのコミュニケーションの場としてご活用されてはいかがでしょうか。出展費用は5,000円です。詳細および申込については、以下のファイルをご参照ください。

環境教育メッセ詳細および申込書 (←クリックしてダウンロード)NEW!! 

問い合わせ先:飯沼 20130001★gakushuin.ac.jp(★を@に替えて送信)


【資料配布スペース】
 大会期間中、会員諸氏が持ち込まれた印刷物やチラシ等の配布を目的としたテーブルを、西2号館1階ロビーに設置いたします。参加者への配布を目的として、環境教育関連資料等を持ち込まれた方は、こちらのテーブルをご利用ください。なお残部につきましては、8月7日の15:00までに撤収を完了してください。この時刻を過ぎて残っている資料につきましては、実行委員会にて処分いたします。なお、事前送付の受付や保管、郵送等による返却は一切行いませんので、ご了承ください。

 

<発表申込>

会費が未納入の方は発表できません。必ず2016年度までの学会費を納入してください(ゆうちょ銀行の振替・送金が便利です)。また、これから入会される発表者の入会手続き締切日は、5月6日(金)です。)

発表申し込み締め切り    5月13日(金曜日)18時
発表要旨データ送付締め切り  6月10日(金曜日)18時

1) 口頭発表(研究発表・実践報告)のお申し込み
 ・ 「研究発表」は学問的意味づけを重視したもの、「実践報告」は実践活動を重視したものです。
 ・ 口頭発表希望者は、大会申込用特設サイトにアクセスし、フォームに必要事項を入力・送信して下さい。
 ・ 発表者(登壇者)は2016年度の会費を納入している日本環境教育学会会員とし、1人1件に限ります。非会員で発表者(登壇者)になることを希望する場合は、入会手続きをおとりください。
 ・ 研究発表の時間は、1件15分(発表12分、質疑3分)を予定しています。
 ・ 発表はPowerPoint(Windows PC設置済み)が使用できます。持ち込みPCでの発表はできません。PowerPointのデータは、USBメモリスティックを用いてご持参ください。事前にウイルスチェックをしていただく予定です。なお、もしUSBメモリスティックがウイルス感染していた場合は、要旨集のみで発表していただくことになります。

2) ポスター発表のお申し込み
 ・ ポスター発表の展示スペースは、1件につきA0サイズです。(縦:1189 mm×横:841 mm×横:模造紙サイズ <1090 mm×790 mm> も可)
 ・ ポスター発表希望者は、口頭発表と同様に、大会申込用特設サイトにアクセスし、フォームに必要事項を入力・送信して下さい。
 ・ 発表者は2016年度の会費を納入している日本環境教育学会会員で、1人1件に限ります。なお口頭発表との重複発表はできません。
 ・ 学会員でない高校生は無料で発表することができますが、以下の条件をお守りください。
  - 付き添いの高等学校等教員・指導者が学会員であり、責任をもって生徒を指導・監督できること。
  - 人数は最小限にし、必ず事前に事務局に参加人数・参加プログラムについて相談すること。

3) 自主課題研究のお申し込み
 ・ 自主課題研究として団体での発表や小集会の開催を希望するグループは、代表者がお申し込み下さい。代表者は2016年度の会費を納入している日本環境教育学会会員に限ります。代表者は、自主課題研究申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、メールの件名をEE学会[自主課題]代表者氏名とし、<jsee27th.research★univcoop.or.jp>(★を@に替えて送信)までお申し込みください。8月7日(日)14:00~16:00,16:30~18:30の二枠がありますが指定はできません。実行委員会で振り分けます。

4) 受付のお知らせと締め切り
 ・ 受付いたしますと、申込み完了メールにて受付番号をお知らせいたします。発表申し込みの締め切りは5月13日(金曜日)18時です。

5)要旨集用データの送信
 ・ 発表代表者の方は、メールにて要旨集掲載用の原稿データをお送りください。望ましい保存形式は Word形式(.docx)ですが、Word以外の場合は、原稿書式に準拠して書類を作成し、PDFファイル(.pdf)にてお送りください。
 ・ メールの件名を下のようにし、宛先をjsee27th.research★univcoop.or.jp(★を@に替える)として、第27回実行委員会研究発表受付係まで要旨集用データを送信してください。なお「口頭発表あるいはポスター発表」と、「自主課題研究」の二件を申し込まれる場合は、それぞれ別のメールでお送りください。
 - 口頭発表(研究発表・実践報告)を申込んだ方のメールの件名⇒EE学会[口頭No]代表者氏名
 - ポスター発表を申込んだ方のメールの件名⇒EE学会[ポスターNo]代表者氏名
 - 自主課題研究を申込んだ方のメールの件名⇒EE学会[自主課題No]代表者氏名
  (※No には、受理番号を挿入)
 ・ 受理いたしますと、原稿データ受理メールにて発表に至るまでの留意事項をお知らせいたします。要旨集用データの受付締め切りは6月10日(金)18 時です。締め切り間際は混み合いますので、お早めに申し込みください。
 ※大会ホームページでの情報取得やメールでのデータ送信が困難な場合は、「日本環境教育学会第27回大会実行委員会事務局」FAX 03-5307-1196 jsee27th.research★univcoop.or.jp(★を@に替えて送信)までご連絡ください。

6)注意事項
 ・ 第27回大会では、口頭発表・発表要旨・質疑応答・総合討議のすべてを英語によって進行する「英語報告部会」を設定します。会員の皆様は、積極的にこの英語報告部会にエントリーし、研究成果を報告してくださるようお願いします。英語報告部会での発表の登録は、発表申込書の該当欄にチェックを入れてください。なお今回の「英語報告部会」で発表した内容につきましては、日本語にて「一般報告」を行うことも可能です。その場合は、あらかじめ大会実行委員会事務局までお知らせください。
 ・ 団体会員からの発表申込につきましては、団体につき一名が、口頭発表もしくはポスター発表のどちらかを一件のみ、申し込むことができることとなっておりますので、ご了承ください。
 ・ 口頭発表・ポスター発表どちらにおいても共著者がいることがあり得ますが、いずれにおいても大会での発表者は、日本環境教育学会の会員である必要があります。一般発表で登壇する方や、ポスター発表でプレゼンする方で、まだ会員でない方は、会員としての申込みを別にするようにしてください。(高校生は除く)

<お知らせ>

 ■ 今大会での研究・実践奨励賞のエントリーには、事前登録が必要です。2016年度末の時点で35歳以下の会員で奨励賞の審査を希望する方は、発表(口頭・ポスターどちらでも)を申込む際に、審査希望欄にチェックを必ずつけてください。申し込みのあった会員の発表に対して、審査が行われます。なお本年度から、受賞者は研究内容を2017年度に何らかの形で公表して頂く予定です。

 ■ 宿泊先の予約について
 近年東京は、外国人観光客の増加で、宿泊施設の満室状態が続いております。旅行会社と交渉いたしましたが、宿の手配を学会で行うのは難しく、各自で手配していただくことになりました。早めに宿泊場所を確保ください。

 ■ 今大会では保育所は設置いたしません。

問合せ先

 

日本環境教育学会事務局(平日10時~17時)

 〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22大学生協学会支援センター内
 電話 03-5307-1175  FAX 03-5307-1196  E-mail <jsee★univcoop.or.jp>(★を@に替えて送信)
日本環境教育学会第27回大会実行委員会事務局
 〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1 学習院大学文学部教育学科(飯沼研究室内)気付
 電話 03-5904-9338 FAX 03-5992-1239
        E-mail <20130001★gakushuin.ac.jp>(★を@に替えて送信)
日本環境教育学会ウェブサイト<http://www.jsoee.jp

Copyright © 2017 一般社団法人 日本環境教育学会 http://www.jsfee.jp. All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU General Public License.