Login Form

Tweets of js4ee

英文ページができました。 https://t.co/Re1hDXRwyv
The 28th Annual Meeting of #JSFEE will be held 1st - 3rd September, 2017 at Iwate, Japan. Guide pages available: https://t.co/Re1hDXRwyv
#一般社団法人日本環境教育学会 2017年9月1日〜3日の第28回大会(岩手)のページが出来ています。ご案内のダウンロード、参加申込・発表申込サイトへのリンクを設定しました。研究発表の申込期限は6月9日です。#環境教育 #岩手大会 https://t.co/kLNIHUDU1J
#日本環境教育学会 #環境教育 情報 第7回浅間大学院生セミナー ~環境×観光×トレイルによる地域デザインを考察する~ のお知らせを掲載しました。2017年7月1日(土)~2日(日)、長野県小諸市の安藤百福センターにて開催されます。 https://t.co/js2gKZVq8i
#日本環境教育学会 #環境教育 情報 アースウォッチ・ジャパンの環境教育支援事業への応募者募集のお知らせを掲載しました。教育関係者の方々がフィールド研究を体験するプログラム。応募締め切りは2017年5月31日(水曜日) 。 https://t.co/vyIWFtNSNv

訪問者数

962047
Today245
Yesterday571
This_Week3276
This_Month100000
All days962047
Statistik created: 2017-05-27T11:22:44+09:00
TwitterFaceBookGoogle+
font size

日本環境教育学会 第2回特別分科会「原発と環境教育」
~環境教育の現場は原発事故をどのように扱ってきたか~

日時: 2012年3月3日(土)
会場: 立教大学14号館 第1部/D501教室 第2部/D502教室(東京都豊島区)
 会場案内 http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/ (外部リンク)
主催: 日本環境教育学会
共催: 日本環境教育学会関東支部
企画・運営: 日本環境教育学会企画委員会
参加費: 無料(関東支部大会の参加は別途参加費が必要です。特別分科会へは、会員以外の方も参加いただけます)

第1部 パネルディスカッション

14:30~16:30 会場/D501教室

  「事故から11ヶ月、教育現場はどう原発事故を扱ってきたか、メディアはそれをどう伝えてきたか」
*同日開催の日本環境教育学会関東支部大会で開催

3.11の震災とともに発生した福島第一原発事故、政府は1月12日に収束宣言を出しました。しかしながら避難を余儀なくされる地域、引き続いて深刻な状況にある原発とその周辺地域、除染した土砂や廃棄物の行方など、問題は深刻なまま解決されていません。
日本環境教育学会はワーキングを組織し、昨年7月にこの原発事故を学校教育の中で学ぶための教材制作を行い、冊子と会のホームページで提案しました。その後、実際に学校でのモデル授業の実施や、より広い活用を目指して授業案の検討を進めてきました。
この1年、学校現場でこの問題をどう実践してきたか、その成果や課題はどうだったか。またそれをメディアはどう社会へ伝えてきたか。原発事故を今後も忘れることなく社会で受け止め、今も被害にある人たちとどうつながっていけるのか。2回目になる特別分科会として、パネルディスカッションを開催します。

コーディネーター:諏訪哲郎氏(学習院大学教授、日本環境教育学会企画委員長)
パネラー: 小玉敏也氏(入間市立藤沢南小学校教諭)
      佐々木清氏(郡山市立明健中学校教諭)
      浦松丈二氏(毎日新聞記者)

第2部 会員による研究発表

16:45~18:00 会場/D502教室

 (1) 廣瀬彩奈(東京学芸大学連合大学院)・安藤聡彦(埼玉大学),「原発事故に関する教育実践~ろう学校高等部の場合~」
 (2) 後藤忍(福島大学),「原子力に関する副教材における公平性~日本とドイツ~」
 (3) 荻原彰(三重大学)・李群蔵(三重大学),「日教組全国教育研究集会「公害と教育」分科会に見る原発の扱いについて」
各発表15分、質疑5分以内。3つの発表の後に総合討議を予定。

 


 

問い合わせ先:日本環境教育学会企画委員会 担当/森高一(学会理事、立教大学大学院)
genpatsu-ee☆rikkyo.ac.jp (☆を半角の@に置き換えて送信)

Copyright © 2017 一般社団法人 日本環境教育学会 http://www.jsfee.jp. All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU General Public License.