Login Form

Tweets of js4ee

#日本環境教育学会 旧サイトでは、#環境教育等促進法(平成15年法律第130号、最終改正平成23年法律第67号)について詳細な情報を掲載しています。↓ https://t.co/f1la9kJYG5 改正法の施行から5年が経過し、次の改正への動きに注目。 今後の動きは新サイト
#日本環境教育学会 #環境教育等促進法 の勉強会の情報を掲載。 「改正環境教育等促進法施行から5年 ~施行状況を徹底検証! #市民の協働 は進んだか?~」 2017年9月6日(水曜日)午後6:30〜8:30、弁護士会館(東京) https://t.co/02HezIcD2x
#日本環境教育学会 第29回大会 #エクスカーション #陸前高田 コース #jsfee2017iwate 最初の休憩は、#産直ともちゃん(小友町農産物直売加工施設)、地元の野菜や花卉・加工品の販売、手作りパン屋さん、食堂。 白っ… https://t.co/fwSROHxllV
#日本環境教育学会 第28回大会(岩手) 9月4日(月)は #エクスカーション です。小岩井農場・盛岡市動物公園・陸前高田の3つのコースで。参加者は遅れないようにお集まりください。学会公式アカウントでは、陸前高田コースの様子を中心につぶやく見込み。#jsfee2017iwate
失礼しました。 もちろん、次回、第29回大会は、来年、2018年8月です。失礼いたしましたm(_ _)m https://t.co/LIUEKXs1Ue

訪問者数

1039185
Today302
Yesterday564
This_Week2094
This_Month13351
All days1039185
Statistik created: 2017-09-21T08:02:55+09:00
TwitterFaceBookGoogle+
font size

日本環境教育学会 環境教育ニュースースレター 目次から

77号〜85号(2007〜2008年度)

第77号(2007年4月15日)
・プロジェクト研究「環境教育ガイドライン」(小澤紀美子)
・論壇 レイチェル・カーソンと環境教育(学習)(鈴木善次)
・環境教育推進法・各地の現場から「鳥取県における環境教育の取り組み」(鳥取県)
・連載ESD-J「未来をつくる教育」をつくる(5)岩手大学「学びの銀河」プロジェクトの紹介
・現場の声地域と連携した竹炭焼き活動─高等学校での試み─(塩川哲雄)
・第18回大会(鳥取)第3報(大会実行委員長小林朋道)
・報告雪の札幌で「環境教育北海道勉強会」を開催(生方秀紀)
・公示第10期役員選挙の結果・事務局だより・編集後記

第78号(大会特集号)(2007年7月25日)
・第18回大会(鳥取)を振り返って(小林朋道・大会実行委員長)
・第18回大会特集公開講演会「環境教育への期待」
・第18回大会特集学生ミニイベントを企画して
・第18回大会特集“現地で行う関連小集会”の中から
・第18回総会報告
・2007年韓国環境教育学会大会に出席して(会長・小澤紀美子)
・第3回環境教育学会研究奨励賞の募集
・第19回大会(東京)第1報
・新運営委員会が発足事務局だより

第79号(2007年10月25日)
・自然観察指導とインタープリテーション(小林毅)
・第4回国際環境教育会議(小栗有子)
・環境教育推進法・各地の現場から「葛巻の環境は未来の子どもたちへの贈りもの」(岩手県葛巻町)
・連載ESD-J「未来をつくる教育」をつくる(6)「ESD教員研修の成果─学校教育におけるESD─」(佐々木雅一)
・環境省環境教育推進室「大学でESDを進めるためのビジョンを策定します」
・支部だより(関西・関東・福岡県)
・運営委員会からお知らせ・図書紹介『子ども白書2007』
・お知らせ 「田んぼの国際会議」・事務局だより・訃報

第80号(2008年1月25日)
・「田んぼ国際環境教育会議」報告(湊秋作)
・第4回国際環境教育会議(トビリシ+30)(佐藤真久)
・第36回北米環境教育学会(佐藤真久)
・連載環境教育推進法・各地の現場から「市民・事業者・行政の参画と協働による環境学習を通じた持続可能なまちづくり」(兵庫県西宮市)
・連載京都議定書拘束年になって(1)「地球温暖化対策を加速させるために」(山本かおり)
・特別寄稿下羽友衛さんとゼミ生が問いかけるもの(西城戸司・藤岡貞彦)
・支部活動だより(関西・関東)
・新刊紹介「プラットフォーム環境教育」・事務局だより

第81号(2008年3月25日)
・「国連持続可能な開発のための教育の10年」の円卓会議が始まりました(小澤紀美子)
・第19回大会(東京)第2報(諏訪哲郎)
・北海道環境教育会第1回研究大会・設立総会開催される(千田忠)
・連載「未来をつくる教育」をつくる─持続可能な開発のための教育(ESD)の10年のいま─(7)(村上千里)
・環境教育推進法・各地の現場から「事業所から「地域ぐるみ環境講座」を発信」(長野県飯田市)
・選挙制度の見直し及び規約改正のためのワーキンググループ(制度WG)の経緯(日本環境教育学会会長)
・選挙制度の見直し及び規約改正のためのワーキンググループ(制度WG)中間報告(小川潔)
・お知らせ/本誌(環境教育ニュースレター)の「地域情報ネットワーカー」を募集します・事務局だより

第82号(2008年6月25日)
・環境教育の実践交流に向けて(水山光春)
・連載環境教育推進法・各地の現場から「地域社会の自立をめざす人・しくみづくりの支援を担う環境教育の道」(渡邉敦/かながわ環境教育研究会)
・連載京都議定書拘束年になって(2)「地域で地球温暖化学習を広げるために」(山本かおり/JCCCA)
・環境省環境教育推進室より「アジア環境人材育成イニシアティブ(ELIAS)の展開について」
・支部活動だより(関西支部・関東支部)
・学会規約改正の提案について(運営委員会)
・「田んぼ国際環境教育会議2008」へのお誘い
・運営委員会からのお知らせ「第07-4回運営委員会議事要録」
・「第5回若手学会員の集い」を開催します
・第4回日本環境教育学会研究・実践奨励賞(2008年度)へ応募ください
・事務局だより

第83号(2008年9月25日)
・第19回大会(東京)を振り返って(諏訪哲郎・大会実行副委員長)
・第19回大会特集
大会概要「研究発表(口頭)」「ポスター発表」「田んぼ国際環境教育会議2008」「龍村仁公開講演会」
プロジェクト研究「環境教育ガイドライン」・「持続可能な開発のための教育(ESD)」・「グローバリゼーションのもとでの環境教育・開発教育」・「アジア・エリアにおける『持続可能な未来』のための環境教育とネットワークの構築」
公開セミナー「私の環境教育の着眼点─環境教育のパイオニアから学ぶ─」
メッセ(環境教育見本市)と「企業による環境教育ミニシンポジウム」
・第19回総会報告
・報告「環境教育」を主題とする東アジア次世代リーダー育成プログラム(小澤紀美子)
・運営委員会からのお知らせ「第08-1回運営委員会議事要録」
・『ジュニア地球白書2007-08』が発刊されました
・第20回大会(20周年記念大会)第一報
・本の紹介『子ども達が作った食べ物の森』
・事務局だより

第84号(2008年12月25日)
・法律の施行から4年が過ぎて(林浩二)
・ミニ特集<つなぐ>第1回つなぐ人フォーラム~自然・文化・地域・人をつなぐ(2008年9月)(小林毅)
・ミニ特集<つなぐ>環境パートナーシップオフィス~持続可能な開発のための環境教育の拠点(川村研治)
・連載「未来をつくる教育」をつくる-持続可能な開発のための教育(ESD)の10年のいま-(8)ESDをはじめる×すすめるためのヒント集-環境省ESD促進事業・全国事務局レポート2(村上千里)
・論壇 災害教育と自然学校(広瀬敏通)
・論壇 「子ども農山漁村交流プロジェクト」の概要と課題(降旗信一)
・お知らせ 関東支部第3回支部大会・総会学会創立20周年企画
・運営委員会から 「2008年度日本環境教育学会第08-2回運営委員会議事要録」
・日本環境教育学会役員選挙告示(抄録)・第4回日本環境教育学会研究・実践奨励賞(2008年度)決定・事務局だより
※ニュースレター第84号に誤字がありました。ご訂正をお願いいたしますとともに、深くお詫び申し上げます。正しくは、以下のとおりです。
8ページ中ほど(誤)塩田進吾さま→(正)塩田真吾さま

第85号(2009年3月25日)
・学会設立20周年記念事業(概要とロードマップ)(運営委員会20周年記念事業実行委員会)
・ミニ特集<教育推進法>参加・協働の仕組みづくりとオーフス条約(1)(大久保規子)
・ミニ特集<教育推進法>環境教育の推進に係る制度的検討業務報告書』の紹介(一部抜粋)(中村洋)
・論壇 生物多様性と環境教育(古瀬浩史)
・論壇 人間性を失った科学からの帰還(三田秀雄)
・学会創立20周年記念大会(東京)第2報 大会実行委員会委員長(千賀裕太郎)
・運営委員会からのお知らせ 学会規約改正に関する公聴会の開催・第11期会計監査の任期および事務局長代行の選任について
・任期を終えるにあたって 学会のより一層の発展を願う(小澤紀美子)
・お知らせ 公示第11期役員選挙の結果・事務局だより

Copyright © 2017 一般社団法人 日本環境教育学会 http://www.jsfee.jp. All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU General Public License.